小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-07-24

いちばん「かっこ悪い」集客チラシとは?


「このデザイン、好きじゃないなー」

今回のテーマは集客チラシのデザインについて。

「きれいなチラシを作りたい」
「かっこいいチラシを作りたい」

これ、すごくよくわかります。
でも、このこだわりが、
一歩、間違うと、
とても「かっこ悪い」チラシになってしまう。

要注意なのです。

集客チラシのデザインの役割。
それは、
お客様をスムーズに”行動”へ案内すること。

判断基準はお客様の行動です。

ところが、
この重要な判断を邪魔するものが現れる。

それは、

”自分の個人的な美意識”

「なんか”売り、売り”のチラシは嫌だなー」
「俺、あんまり好きじゃない。このデザイン」

これ、僕もすごく気をつけていること。

でも、
反応して欲しいのはお客様。

「お客様は、このデザインで、
スムーズに行動してくれるだろうか?」

再度、見直してみます。

=======================
集客チラシのデザインの目的は、
お客様をスムーズに”行動”へ案内すること。
自分の美意識を満足させるものではない。
=======================

もちろん、チラシのデザインも、
商品・企業のブランドを作る一つの要素。

ブランドを傷つけるようなデザインはNG。

でも、自分の美意識を満足させるものではない。

集客チラシのデザインは
お客様に”行動”してもらうため手段。

お客様の水先案内人なのです。

いかがですか?

「俺、好きじゃない」
これ、僕もついつい言いたくなるNGワード。

でも
「お客様をスムーズに行動へ案内しているか?」
「ブランドにふさわしいデザインか?」
落ち着いて見直す。

これ重要です。

だって、集客チラシも”花より団子”

反応がない集客チラシ。
これが一番「かっこ悪い」チラシだと思うからです。。

=========================
いちばん「かっこ悪い」チラシ
それは、反応がない集客できないチラシのこと。
=========================

あなたは、どう思いますか?

次回は、
「反応をあげるデザインのチェックポイント」

楽しみにしてくださいね。

それではまた!

■【集客7通信】いかがでしたか?
ご意見・ご感想・ご要望
どんどん、お寄せくださいね。
お待ちしています。

関連記事
集客の悩み相談受付中