小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-07-20

キャッチコピーの作り方 お客様を遠ざける言葉


「あ、あとで読んでおきますから・・」

今回のテーマは”親和性”

昨日、あるネット関連会社から提案を受けました。
ふれこみは、
「個人店舗やスモールビジネスが
格安で、ネット集客する方法」

しかし、まーこれがひどい説明。

「ですからROIが×××。CVRの変化が××××、すると・・・」

「はあ?」

横文字、しかも略語だらけ。
(おまけに日本語もかなりひどい)

丁重にお引き取り願いました。

一応、僕もマーケティングのプロ。
内容は分かりましたが、
いちいち翻訳しながら説明を聞くことに疲れたからです。」

「もっと、わかりやすく話せ!」

でも、こんな、
「僕、専門家。すごいでしょう」系の広告、
本当に多いんですよね。

”親和性の高い言葉を使う”

これは広告文章作成の鉄則。
つまり
お客様が日常使っている言葉で説明する。

例えば、
住宅販売で、地震に強い性能を、

「耐震性が・・制震性が・・免震性が・・・
 ね?凄いでしょう?」

でも、お客様が
耐震、制震、免震の意味を知らなければ、
(ほとんどのお客様はしらない)
どんなに優れた性能も伝わらないのです。

==================
広告のメッセージは、
お客様が日常使っている言葉で伝える。
===================

現在のお客様は忙しい。余裕がない。

「?」をいちいち調べてくれない。

「これ、どういうこと?」
理解できないと、
広告はもう読まない。
そして、買わない。
不買の心理が働くのです。

お客様が日常使っている言葉。
お客様が初心者であれば初心者向きの
お客様が上級者であれば上級者向けの
”伝わる言葉”

この言葉を使ってくださいね。

難しいことを、わかりやすく伝える。

これ、広告文章の基本。
そして、商品を提供する側の責任です。

いかがですか?

仕事で毎日使っている専門用語。
これは、お客様を遠ざける言葉。
要注意です。

さて、さきほどの
「僕、専門家」系の営業マンが置いていった企画書。

読んでみると・・・・

「これ、すごくねー」

もったいない話ですね。

それではまた!

関連記事
集客の悩み相談受付中