小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-07-31

集客のコツ この不思議な力を使いこなせ!


さっと緊張感が走り、みんな、ペンをとる。

今回のテーマは”丁か半か”

友人のMは進学塾の講師、中学生を教えています。

ところが近頃の中学生、集中力がない。
ざわざわ、ざわざわ落ち着かない。

するとM、

「これから、ポイントを3つ言うぞ」

すると、ざわついていた中学生が、
黒板を注目。

ペンを握り、集中力を取り戻す。
「不思議と数字を言うと集中するんだよ」

Mは教えてくれました。

これ結構、使わせてもらいました。

プレゼンテーションの冒頭で、
「この企画のポイントは3つです」

会議の席で、
「問題点は3つですね。それは・・・・・・」

確かに効果がありました。
みんな耳を傾けてくれる。

数字には人を引き付ける力があります。

そして不思議なことに、

偶数よりも奇数。

「4つの方法」より「「3つの方法」
「6大特典」よりは「7大特典」

パチンコでも、
「666」よりは「777」
関係ないか)

偶数よりも奇数。

奇数は割り切れない数字。
人は割り切れない数字のほうに、
なぜか真実味を感じる習性があるらしいです。

「昨日は100人の来店」「昨日は101人の来店」
確かに「101人」のほうが本当っぽい。

ん~不思議。

人を引き付ける不思議な奇数の力。

これ、広告に使わない手はありません。

●キャッコピーで使う
「すべての女性が知っておくべき3つのこと」

●商品の説明で使う
{合格率NO1!○○○塾の7つの特徴」

●オファーで使う
「毎日3名様限定」「本日限りの7大特典

=========================
奇数には人の注目を集める力がある。広告で活用すべし。
==========================

この奇数マジック
「タイトルが命」と言われるビジネス書では、
定番の手法。

有名なところでは「7つの習慣」

やはり効果はあるのですね。

数字は客観的で説得力がある。
奇数には人を引き付ける不思議な力がある。

数字の力、奇数の力

あなたのビジネスに活用してみてくださいね。

それでは!

追記

7つの習慣」の著者
スティ-ブン・R・コヴィー氏が、
先日お亡くなりになりました。
日本でも熱狂的読者をもつコヴィー氏。
ご冥福をお祈りいたします。

■今日の【集客7通信】いかがでしたか?
ご意見・ご感想・ご要望
どんどん、お寄せくださいね。
お待ちしています。

関連記事
集客の悩み相談受付中