小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-07-14

集客チラシ こんな自己中チラシ作っていませんか?


とにかく、疲れますよね。

今回のテーマは
自己中チラシからの脱却
集客チラシのメッセージについてです。

あなたの周りにもいませんか?
何かといえば自分の自慢話ばかりの人。

「俺は××××だ」「だからこうすべきだ!」
人の話はそっちのけ。
まー喋る、喋る、自分のことばかり。

「だからどうした!」

ついこう言いたくなります。

でも集客チラシでは、
こんな自己中チラシが実に多いのです。

「当社の製品は、○○で□□で、しかも△△!
 ね!凄いでしょう?」

「だからどうした!!」

例えばこんなやつです。
「○○工法!□□ホームの家登場!」
「新機能搭載!新世代のスマートフォン登場!」

これ典型的な
”だからどうした型”の自己中広告。

これ、大切なことを忘れているからです。
大切なこと、それは
”お客様は商品を欲しいわけではない。”

水虫薬○○○を売っていたとします。
でも、お客様は、○○○が欲しいわけではありません。
水虫の悩みから解放されるのであれば、
薬だろうが、黒魔術であろうが、ご祈祷であろうが、
なんでもいいのです。

お客様が欲しいのは、
水虫の悩みから解放されること。
水虫薬○○○は、その手段にすぎないのです。

========================
お客様が求めているのは商品ではない。
課題解決や願望達成の結果である。
========================

お客様の
解決したい悩み、不安、恐怖、
かなえたい夢、希望、願望。

それを理解しないで
商品自慢、会社自慢。
すると、どうなるか?

「だかとうした?」

お客様の気持ちを動かすことはできないのです。

========================
集客チラシで伝えるべきことは
商品の自慢話、会社の自慢ばなしではない。
伝えるべきことは
商品の特徴・独自性から得られる結果。
========================

いかがですか?

自己中チラシからの脱却の方法。
それは、お客様の理解と共感です。

あなたのチラシ、自己中していませんか?

これ、確認してくださいね。

次回は、
自己中チラシからの脱却。
お客様視点のメッセージの作り方をご紹介します。
楽しみにしてくださいね。

それではまた!

追記
「こんなテーマ取り上げてくれ!」
ご希望ありましたらドシドシお寄せ下さい。
お待ちしております。
ご要望・ご意見・ご相談はこちらから

◆少額予算で集客の仕組みを作るヒント満載!
 無料メールマガジン【集客7通信】好評配信中!
購読申し込みはこちらから

関連記事
集客の悩み相談受付中