小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2014-01-03

「仕組み」マーケティングプランの作り方 Part1


目の前にズラーっと並べれれたコカコーラの自販機。

「好きなの一台選んでください」

あなたは選べますか?

プリンターに入っているコピー用紙。

「好きな紙を一枚、選んでください」

あなたは選べますか?

選べませんよね?

なぜなら「違い」がない。
それも、同じだからです。

お客様は、「違い」がなければ、
あなたを選ぶことができないのです。

=========================
『「仕組み」マーケティング・プランの作り方 Part1』
=========================
動画をご覧下さい。

あけましておめでとうございます!!

ブリッジワークの高橋です。

始まりましたね。2014年。

どんなお正月を過ごされましたか?

さて、今年の僕のテーマは「仕組み」です。

あなたに、絶対に「仕組み」を手に入れて欲しい!

なぜなら「仕組み」がないと、

いつも新しいお客様を求めて右往左往することになる。
貴重な時間とお金を無駄にすることになる。

そして「仕組み」がないと、
あなたの財布は、いつまでも厚くならない。

そこで新春特別企画「仕組み」の作り方を、
シリーズでお届けしようと思います。

「仕組み」を作る。まず最初にすべきことは、
「調べる」リサーチです。

何のために?

それは、

「違い」を見つける。
または「違い」を作るためです。

「違い」がないとお客様はあなたを選べない。

なぜ食品スーパーや家電販売店が価格競争になるのか
わかりますか?

それは、同じものを売っているからです。

お客様は、わかりやすい「違い」で選ぶ。
そうです。価格。

価格しか、お客様の判断基準がないからです。

あなたには「違い」が必要です。

さて、そこで「調べる」

お客様を調べる。
ライバルを調べる。
そして、あなたを調べる。

わかりやすく言いますね。

「お客様が求めていて、
 あなたは、それを提供できて、
 ライバルは提供できない、または苦手なことは何か?」

この質問の答えが「違い」です。

ツボは「お客様が求めていること」

これ、簡単ではないですよ。

でも、じっくりと時間をかけて「調べる」

「違い」がないと、何十万枚チラシを配布しても、
それは、お金をばら撒いているのと同じこと。

「違い」を見つけてください。

どうしても、見つからなかった場合はどうするのか?

作る。「違い」を作るのです。

「お客様が求めていて、
 ライバルが提供していないことは何か?」

これも、リサーチしなければ、わからないですよね。

「調べる」リサーチはとても重要なのです。

いかがですか?

売れる商品を作る。売れる広告を作る。
売れるサービスを作る。売れる会話を作る。

あなたが、最初に取り組むべきことは
「調べる」リサーチです。

これ、多くの人が面倒だからやらない。だから売れない。

あなたは、必ずやってください。

「違い」がないと「仕組み」は作れない。

明日は「位置」についてお伝えします。

楽しみにしてくださいね。

それではまた!

関連記事
集客の悩み相談受付中