小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-08-03

マーケティング読書術 多読か?精読か?それが問題だ!


あなたは、どっち?

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

日曜日は、マーケティング&セールスの書籍を紹介している
Sunday Book Review

今日は読者のAさんの質問にお答えしたいと思います。

「私は現在、起業準備中。マーケティングの勉強を始めました。
 大量に本を書い、片っ端から読んでいます。
 でも、読み散らかしているだけで、これでいいのか疑問です。
 たくさん読むべきか、じっくり読むべきか、
 どちらが効果があるのでしょうか?」

ん~なるほど!
多読か?精読か?これ、問題ですよね。

「読書」

僕は一番、費用対効果の高いINPUTの方法だと思っています。

ネットにも情報は溢れています。
でも、それは「フロー」流れていく情報。

ビジネスには基盤となる情報が必要です。
「ストック」蓄積された情報。
そのための最適な方法。それが「読書」だと思っています。

ひとつ、把握しておかなければいけないことがあります。

それは、「目的は何か?」

あなたは、何のために本を読んでいますか?

============================
『マーケティング読書術 多読か?精読か?それが問題だ!』
============================
動画をご覧下さい。

ビジネスで成功している人は例外なく読書家です。
でも、いくら本を読んでも、成果が出せない人もいる。

その差はどこから生まれるのでしょう?

それは、「本を読む目的」の違いです。

成功している人は、「行動」のため本を読みます。
成果が出ない人は「知る」ためだけに本を読む。

さて、ここで本題に戻しましょう。

多読か?精読か?

僕なりの結論はコレです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最初は多読。多読しないと精読すべき本が分からない。
多読と精読を繰り返し「行動」することでスキルが得られる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで、ツボ
「評価の定まった古典をなるべく、たくさん読む」

読み継がれてきた本には、ちゃんと理由があるのです。

それは「原理原則が学べる」

「原理原則」が、強い体質を作る。」

いかがですか?

ここで、読みやすい古典を3冊だけご紹介しますね。

『究極のマーケティングプラン/ダン・ケネディー』
『小予算で優良顧客をつかむ方法/神田昌典』
『ハイパワー・マーケティング/ジェイ・エイブラハム』

Aさん、最初は「?」だらけかもしれません。

でも、必ずAさんを助けてくれる3冊です。
ぜひ、手にとってみてください。

「行動」のためのヒント、たくさん見つけてくださいね。

それではまた!

関連記事
集客の悩み相談受付中