小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-07-08

広告メッセージを作る「クリエイティブブリーフ


プレゼントしちゃいます。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

「やばい!売上が落ちてきた!
 広告やらなきゃ、原稿書かなきゃ!」

慌ててWordやテキストソフトを開く。

でも・・・・フリーズ、何も書けない。

こんな経験ありませんか?

これ、当たり前。
「何を書くか?」が決まっていないのに、
広告の文書は書けない。

設計図がないのに建物が建たないのと同じ。
無理やり建てると、建物はすぐに崩壊。

広告も同じです。
「何を書くのか?」戦略が決まらずに、
無理やり書くと、お金をドブに捨てることになる。

広告にも設計図が必要なのです。

今日はこの「設計図」作成のシートをプレゼントします。

==========================
『広告メッセージの設計図「クリエイティブ・ブリーフ』
==========================
動画をご覧下さい。

広告の「設計図」をクリエイティブ・ブリーフと言います。

「何を書くのか?」を定める、たった1枚のシート。

内容はいたってシンプル。

目的を整理する。
目的を達成するためのターゲットを決める。
目的を達成すrためのメッセージを決める。
信用してもらうための根拠を用意する。
行動してもらうためのオファーを用意する。

以上!ね?簡単でしょ。

たったこれだけのことを整理しないで書き出すから、
おかしなことになる。

この「設計図作りにはコツがあります。

それは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一枚の紙に簡潔にまとめる。複雑にしない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「何を書くか?」が複雑だと、その広告の行き先はゴミ箱。
これ、注意してくださいね。

要素はシンプルだけど、ちゃんと考える。
「何を書くか?」は「どう書くか?」よりもはるかに重要です。

もしこのクリエイティブ・ブリーフが、
「書けない!わからない!」

その場合は、ビジネス・モデルを見直す。

「誰に、どんなサービスを、どのような方法で」

これがブレている間は広告は禁止。
意味がないのです。

自分であやふやの商品やサービスを、
お客様が財布を開いてくれるわけがない。

まずはビズネスモデルを固める。
広告はそれからです。

さて、いかがですか?

Wordを開く前に「設計図」何を書くかを固める。
これ忘れないでくださいね。

今日はこの「何を書くのか?」を定めるツール
「クリエイティブ・ブリーフ・シート」を
プレゼントしたいと思います。もちろん無料です。

このシートを使い、「何を書くか?」固めてくださいね。

『クリエイティブ・ブリーフ・シート』プレゼント!
ご請求はこちらから!それではまた!

関連記事
集客の悩み相談受付中