小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-12-05

「地雷を踏む」を使った広告メッセージの作り方


取り扱い注意です。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

僕の仕事はクライアントさんの銀行残高を増やすことです。

知識を増やしてもらうことではありません。
お勉強してもらうためではないのです。

「知識・ノウハウ」はあくまでも手段です。

クライアントさんの財布を厚くする、銀行残高の桁数を増やす。

That’s All! これ以上でも、これ以下でもありません。

必要なことは「行動」です。

そのためであれば、僕にできることは何でもやります。

もっと知識、ノウハウが必要であれば提供します。

恋の悩みを聞くことで、財布が暑くなるのであれば聞きます。
(気の利いたアドバイスはとてもできませんけど・・・)

でも、中には難敵も現れます。

例えばこんなやつ。

「自分がされたら嫌なことは、人にしたくありません。
 だから、営業はしません!」

これは手ごわい。

「自分の信条VSビジネスの成功」の問題です。

こなれた経営者の方でれば一笑に付すようなこと。
でも、「信条」なのでタチが悪い。
一筋縄ではいかないのですね。

そんな時、僕はこの手を使います。

「地雷を踏む」

=========================
『「地雷を踏む」を使った広告メッセージの作り方』
=========================
動画をご覧下さい。

「地雷を踏む」と人はどうなるか?

怒る、憤慨する、反論する・・

マイナスではあるけれども、大きく「感情が動く」

「感情が動く」とどうなるか?動く。行動するのです。

例えば喧嘩でこんなセリフ聞いたことありませんか?

「なんだ、テメェ、この野郎!
 わかったよ!やってやるよ、この野郎!」

これ翻訳すると

「はい!わかりました。行動します」

これを広告メッセージに使うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「挑発」は強力な広告メッセージになる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「今日、新しい一歩を踏み出すのか、
 これまでと同じ、惨めでビクビクとした生活を送るのか。
 それは、あなたの自由です。
 でも、あなたが一歩踏み出す勇気をお持ちであれば、
 私たちは全力でバックアップいたします」

「行動」は「感情」が動くことで起こります。

そのために「挑発」

お客様の自尊心、自己重要感、存在意義を刺激する。

このコンセプトは強力です。

なにしろ感情が大きく揺れる。

た・だ・し

このコンセプトは取り扱い要注意です。

すぐに効く劇薬は使い方を間違えると大変なことになる。

「地雷を踏む」加減を間違えると、逆効果です。

依怙地になって頑として動かなくなる。
お客様がカラに閉じこもって2度と出てこなくなる。

僕もこれを見誤って痛い目にあっているもんな・・・

あなたも注意してくださいね。

それではまた!

PS
「来年こそは」そんなあなたへ

来年こそ「仕組み」を作り
ビジネスを大きく飛躍させてみませんか?

あなたと二人三脚で「売る仕組み」を構築する
集客支援メンバーシップ

『集客7プログラム』新メンバー募集中!

詳しくはこちら

関連記事
集客の悩み相談受付中