小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2014-03-28

これ、忘れてない?集客チラシのツボの中のツボ


素晴らしいプレゼン。でも・・・

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

そのミスは致命的でした。

ノートパソコンを買いに行った時のことです。

「あの、ノートパソコンを探しているのですが」
店員さんに尋ねたところ・・

素晴らしい!

最新機種の特徴を、とてもわかりやすく解説。
正直、これほど明快な説明は聞いたことがありません。

それぞれの機種のの出来ること、出来ないこと、
価格とのバランス、特典・・

でも、その店員さんはあるミスを犯していました。
それは取り返しのつかない誤り。

僕が「欲しくないもの」ばかり、
わかいyすく説明していたのです。

このミスは致命的、
絶対に商品は買われることはない。

あなたも、こんな間違いしていませんか?

==========================
『これ、忘れてない?集客チラシのツボの中のツボ』
==========================
動画をご覧ください。

僕が求めていたノートパソコンは
居間に置く予定でした。

用途は、機械音痴の妻のネット閲覧、
そして、僕のちよっとしたメール返信用です。

OSはWindows7
デモ版など不要なソフトが一切入っていないもの。
欲を言えばOfficeはパワポが使えればベスト。

ところが、その店員さんが説明してくれたのは、
OSはWindws8、僕にとって不要なソフトてんこ盛り、
絶対に使わないタブレット兼用機能・・・・

これ、買うわけがありまsんよね。

なぜ、このようなことになったのでしょう?

それは、絶対に忘れてはいけない
ある「プロセス」を忘れていたからです。

それは

「何にお使いですか?」

お客様の解決したい課題に沿って、
お客様が望む商品を提案すべきたったのです。

広告やセールスで、まずあなたがやるbきことは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お客様の悩み、課題を理解・共感・限定する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「できるだけ短時間で、立ち仕事の足のむくみを
 解決したいワーキングマザーのあなたへ」

「こってり主流の昨今
 それでも、あっさりを求めるラーメン通のあなたへ」

お客様か抱えている悩み、ストレス、願望を
理解してお客様と、その課題を共有すること。

商品の提案は、それからです。

広告とは「商品を説明」するものではありません。
お客様の課題の「解決策を説明」するものです。

売れる広告の作り方のツボの中のツボ。
これ、メモしておいてくださいね。

あなたのお客様の抱えてい課題は何ですか?

まずは、お客様の課題。
そして、商品(=解決策)を説明する。

この順番を間違えないでくださいね。

それではまた!

◆僕を集客のパートナーにしてみませんか?

集客支援メンバーシップ
『集客7プログラム』

詳しくはこちらから

関連記事
集客の悩み相談受付中