2012-08-19

ポスティングチラシのちょっとしたコツ


チャンスは一度だけです。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

今日のテーマは
ポスティングチラシのコツ

ポスティングチラシが見直されています。

理由は新聞離れ。
世界一の発行部数の読売新聞も、
1000万部を切ってしまいました。

ネット普及により新聞離れが進む中、
見直されているのがポスティング。

ポスティング業者により異なりますが
その特徴は

①詳細なエリア設定が可能
②戸建住宅だけ、集合住宅だけ、事務所だけ、
 など選別配布が可能
③サンプル品の配布など、
 チラシ以外の販促品の配布が可能

新聞折込に比べ単価は高いのですが、
使い勝手のいいメディアです。

でも、このポスティングチラシ。

最初から広告とわかるため、
ゴミ箱直行率が高いのも事実です。

今日はポスティングチラシの、
反応率を上げるちっとしたコツをご紹介します。

それは、いたって簡単。
でも多くのポスティングチラシが見落としていること。

「折られた状態で全て言いきる」

これだけです。

説明しますね。

ポスティングチラシは必ず一度は見られる。
ポストから取りだされ、すぐには捨てられない。

それは、必ず一般の郵便物と仕分けされるからです。

このタイミングが大きなポイント。
最初で最後のチャンス。

ここで、お客様の手を止めさせる。

そのために、
折られた面で全てを言いきる。

「マイホームをお考えのあなたへ!
 すぐにこの情報をご覧ください!
   先着10名様限りの特別なプレゼント

======================
お客様が手に取った状態、折られた状態で
全てを言いきる。
======================

お客様は広告が嫌いです。
ポスティング用に折られたチラシを、
いちいち開いてはくれません。

お客様が手にとった、折られた状態で、

”何の広告か、どんな得があるか、オファーは何か。”

全て言いきる。

そしてチラシを開いてもらう。

これツボです。

お客様はポストを開けて、
「チェ!また広告か!」

でもすぐには捨てられない。必ず仕分けする。

その時しかチャンスはないのです。

折られた状態で全てを言いきる。
ちょっとしたコツ。
でも、とても重要なこと。

ポスティングチラシのレイアウト、
確認してくださいね。

それでは!

追記

もうゲットされましたか?集客戦略が効率的に出来上がる。
◆クリエイテブ・ブリーフ・シート無料プレゼント◆

簡単なアンケートにお答えください。
ダウンロードURLをお送りします。
【お申し込みはこちらから】
http://bridge-work.net/2012/08/13/1213.html
締め切り2012年8月31日(金)

関連記事
集客の悩み相談受付中