小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-05-19

ポスティング活用のコツ


ポスティングが見直されています。

今回のテーマはポスティングの活用について。

最近、クライアントさんから
ポスティングの相談を受ける機会が増えました。

新聞の発行部数の低下。
若年層の新聞離れ。
新聞折込だけでは
なかなかターゲットにリーチしずらくなったからです。

今回はポスティング活用のコツをご紹介します。

まずはポスティングという手法の、
特性を理解することが重要です。
ポスティングの特徴を
新聞折込と比較しながら考えてみると、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ポスティング広告

◆メリット
①新聞を購読していない層へ情報を届けられる。
②新聞折込に比べて細かいエリア設定が可能
③戸建て住宅のみ。などある程度選別配達が可能

もちろんポスティング会社によって異なりますが、
リーチ率・細かいエリア設定・選別配布
これが主なポスティングのメリットです。

◆デメリット
①新聞折込の比べて配布単価が高い。
②配布日が限られている。(週2回など)
③新聞折込に比べ配布システムが確立されていない。
 ポスティング業者によって配布の正確度が異なる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これがポスティングメディアの特性です。

この特性を把握して活用のコツを考えてみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ポスティング活用のコツ

①小さなエリアでテストを行う。
細かいエリア設定の特性を活用し
まずは小さなエリアで効果を測定。
無駄な広告費用の出費を抑えます。

②選別配布の活用で効率を上げる
例えばリフォーム業の場合
主なターゲットは築年数の経過した戸建て住宅。
この場合は
「集合住宅を除く」という選別配布で無駄を省く。

③ポスティング専用のチラシを作る。
ポスティングではチラシが
封筒サイズ程度に折られて投函されます。
この折られた状態、お客様が手に取った段階で
何を扱っているチラシか
どんな得な情報が書かれているのか
すぐわかることが重要です。
お客様は投函されたチラシを
開いて内容は確認してくれません。
折られた状態を考えたチラシ作成が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがですか?
つまり
ポスティングのコツは
ポスティングの特性を理解し
リーチと効率を上げることがポイントです。

今、ポスティングが見直されているのは
リーチと効率
ターゲットへ
いかに効率よく到達できるかどうかが問われているのです。

ポスティングの特性を把握して
まずは小さなエリアから試してみてください。

小さくテストができる。
ポスティング広告の大きなメリットです。

関連記事
集客の悩み相談受付中