小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-05-15

住宅の見学会チラシ、こんな間違いしていませんか?


自己中きわまりないチラシです。

昨日、折り込まれてきた、ある住宅メーカーのチラシ。

お金かけてます。
きれいに合成された外観写真、
趣味良くコーディネートされた内観の写真。
紙質も厚い、高価なもの。

この住宅メーカーはよく知られた大手。
そこそこ集客できるでしょう。

でも、このチラシからは
何も学ぶところはない。

はっきり言って集客チラシとしては失格。

集客チラシに必要不可欠な
”あること”が欠けているからです。

もう一度、先ほどのチラシを見てみます。

「○○の家。新モデルハウス公開!」
その後に、商品の特徴が続きます。

そして来場プレゼントの案内、会場マップ。
デザイン・レイアウトも整理され見やすい。

しかしこれは完全に自己中心型のチラシ。

住宅メーカーが書きたいことを書いただけ。

集客チラシに不可欠な
お客様のベネフィットが何も書かれていない。

この見学会に行くと何が得られるのか?
なにか私にいいことあるの?

集客チラシの主役はお客様なのです。

—————————————-ーーーー
■集客チラシの主役はお客様、あなたではない。
 書きたいことを書くのではない。
 お客様が知りた事を書く。
 お客様が知りたいのは、商品の自慢話ではない。
 お客様が知りたいのは、ベンフィット。得になること。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

貴重なお金を投資するィ誘客チラシ。
どうしても伝えたいことを書きたくなる
これ、すごくわかります。

でも、その貴重なお金を無駄にしないためにも、
書くべきことはお客様のベネフィット。

今のお客様は忙しい。
商品自慢を書きならべた自己中心的なチラシは
お客様の気持ちを一ミリも動かさないのです。

主役はお客様。
忘れないでくださいね。

それではまた次回!

関連記事
集客の悩み相談受付中