小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-05-19

広告マーケティング ターゲットは3つの軸で絞る


ターゲットを絞りなさい!
でも、どうやって?

今回のテーマは
ターゲットの設定について。

ターゲットを絞りなさい、フォーカスしなさい。

これなぜだかわかりますか?

広告・マーケティングの観点から言うと
ズバリ
お金を無駄にしないためです。

例えば街頭演説。

「みなさーん」
と呼びかけられても、忙しいあなたは軽くスルー。

でも
「不動産のお仕事をされている、みなさーん」
もし、あなたが不動産関係の仕事をしていたら、
急いでいても足をとめませんか?

そうなんです。
ターゲットを絞る=気がついてもらえる。

広告の一番の罪は
興味をひかない、気がついてもらえないこと。

気がついてもらえない広告。
これはターゲットを絞る、もう一つの理由。
それはメッセージを明確にするため。

「みなさーん」よりも、
「不動産関係で仕事をしている人」
話すことは明確になります。

では、どんな手順でターゲットを絞るのか?
ご紹介しますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ターゲットを絞る三つの軸

①第一の軸 属性
年齢・家族構成・職業・年収・居住地・学歴など
基本的な属性

②第二の軸 価値観
大切にしているもの・考え

③第三の軸 悩み・課題・夢・願望
今、解決したい悩みや課題
今、かなえたい夢や願望
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この三つの軸でターゲットを設定してみますね。

「なによりも子供との時間を大切にしている
30歳のワーキングマザー。
家事から解放されゆっくり子供と過ごしたいと思っている」

属性=30歳・ワーキングマザー
価値観=子供との時間を最優先
課題・願望=家事から解放され、子供とゆっくり過ごしたい。

これがターゲットを絞る手順です。

いかがですか?
これくらいターゲットが明確にすると、何を伝えるか?
広告メッセージもシャープになっていきます。

ターゲットを絞る。
ターゲットを設定する事は
広告・マーケティングのスタートライン。

まずは
ターゲットを絞る。

属性・価値観・課題や願望
この手順で明確なターゲットを作ってみてください。

それでは!

関連記事
集客の悩み相談受付中