2013-07-20

広告文章のキモ「何をどの順番で伝えるか?」


あの人の処女作です。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

今日は日曜日 Sunday Book review

この世には2種類のマーケティングしかありません。

それは、
「話す」マーケティングと「書く」マーケティングです。

つまり、商品・サービスを売るためには、
「話す」スキルと「書く」スキルが必要ということ。

「話す」と「書く」

マーケティングで必要なのは、
流暢に話す、巧みな文章を書く、ということではありません。

お客様の行動を引き出すことができるか?

そのために「何を伝えるのか?」

そして、もうひとつ。

「どんな順番で伝えるのか?」

「何をどの順番で伝えるか?」
この人の処女作から学んでください。

=====================
『究極のセールスレター/ダン・ケネディー』
=====================
動画をご覧下さい。

例えば、

「価格の正当性を伝えるために、
 何をどの順番で書くのか?」

「商品の欠点を告知して信頼を得るために、
 何をどの順番で書くのか?」

「今すぐ行動してもらうために、
 何をどの順番で書くのか?」

これ、知りたくありませんか?

「何をどの順番で」が決まると、
あとは、「話す」「書く」だけです。

億万長者メーカーと呼ばれるダン・ケネディーの処女作。
書籍代金の数千倍の価値が得られます。

売りたい人の必読書です。
ぜひ、手にしてくださいね。

それではまた!

◆「これからマーケティング」のあなたへオススメ!

『知識ゼロからのコピーライティング入門講座』
詳しくはこちらから
◆僕と一緒に集客の仕組みを作りませんか?

『集客7プログラム・メンバー募集中』
詳しくはこちらから!

関連ブログ
集客の悩み相談受付中