小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-11-15

広告文章を”転がす”コツとは?


【集客7】広告文章を”転がす”コツとは

一か月迷っていました。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

今日のテーマは”転がり”

「週刊プレイボーイ」
ご存じ国民的グラビア誌です。

思い出すのは、
初めて「プレイボーイ」を購入した時のこと。

小学生。ませていたのですね。

さすがに抵抗がある。
書店まで行き、引き返すこと数回。
一か月間迷っていました。

でも、ある日曜日に決意。

「逮捕されてもいい!母ちゃんゴメン。
 今日は絶対に買う!」

当時は本当に、
逮捕されると思っていたのです。

決意したその時、
ポタポタ・・・鼻から赤い血が。

「興奮して鼻血」
これも初めての体験でした。

小遣いを握りしめて、いざ出発。
本屋へ到着し「プレイボーイ」を握りしめレジへ。

心臓が口から出そうなくらい、波打っている。
「逮捕されたら・・・」急に怖気づく。。

恐る恐る本をレジへ・・・

すると、

「はい、○○円です。あ、次の方、どうぞ」

「え?」

無事に購入できた安心感・安堵感はゼロ。

「チェ、なんだよ!」
僕は落胆していました。

「こんな簡単なことに、なんで一か月も・・・」

大きく感じられた物事も、
一歩踏み出してしませば、意外に簡単・スムーズに。

こんな経験ありませんか?

「なかなか広告文章が書けない」
これも、「最初の一歩」で解決したりします。

=======================
『広告文章を”転がす”コツとは』
=======================
動画もご覧ください。

Wordを開いたままフリーズ。何も書けない。

こんな状態でも最初の一歩、
最初の一行さえ書ければなんとかなる。

Like a roolrng stone 転がりだす。

「最初の一行が書ければ苦労しないよ」

わかりました。
書きだしのコツご紹介しますね。

■会話から始めてみる。
「エー!本当にに?」妻は驚きました。

■感情から始めてみる。
「興奮しています。この新製品をお届けできることを」

■期待させてみる
「こんなことが起きるなんて想定していませんでした」

■擬音で始めてみる
「ドスン!大きな音で目覚めました」

■引用してみる
「”馬耳東風”まさにその通りでした。

いかがですか?

書き出しが決まると、脳が動き出す。

書き進められる。

ここでツボ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
転がりだしたら止めない。
書きだしたら一気に書く。
稚拙でも、誤字・脱字だらけでも書き進める。
推敲・校正は後から。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしょうか?

最初の”ひと転がり”
すると文章が動き出す。書き進められる。

お試しください。

「どーしても書けない!」
重症の時は相談してくださいね。
「チラシ無料診断」実施しています。

さて、落胆した小学生の高橋くん。

近くの公園でパラパラと「プレイボーイ」を眺めて、
ゴミ箱へ。トボトボ家に帰りました。

まずは、すぐにやってみる。

これも大切なことですね。

それでは!

◆お急ぎください!メルマガ読者限定!先行リリース!
『90日間バカ売れチラシ完全マスター講座』
http://bridge-work.net/contents/121109seminar.pdf
http://youtu.be/6XDuVHYmlos

関連記事
集客の悩み相談受付中