小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-11-22

成約率を高める「お問い合わせ」の答え方


「言外の言」は?

こんにちは。
ブリッジワーウの高橋です。

面白いテストをしてみました。

クライアントさんのサイトの文章
「よくある質問」をレビューしていた時、
あるテストを思いつき実施してみました。

テストは簡単。

無作為にイタリアンレストラン2店を選び
「閉店時間は何時ですか?」とテレしてみたのです。

この結果が面白い。

A店の答え

「はい。午後9時閉店。ラストオーダーは8時半です」

B店の答え

「はい。10時閉店、ラストオーダーは9時半となっています。
 ただ当店は毎日旬の食材を仕入れるため、閉店前に
 品切れになるメニューもございます。
 もしご都合がよろしければ、早めにご来店いただくか
 ご予約されるよう、おすすめしております」

あなたはどちらのレストランへいきたいですか?

=====================
『成約率を高める「お問い合わせ」の答え方』
=====================
動画をご覧下さい。

お客様からの電話やメールでの問い合わせ。
これは、ありがたいものです。

「あなたの商品に興味があります」

問い合わせをいただいた方は貴重な見込み客です。

さて、ここで問題は「答え方」

「え?訊かれたことは、ちゃんと礼儀正しく答えてるよ」

もちろん!これは当たり前。

でもね、これでは商売人としては甘いのです。

なぜなら、お客様は
「本当のこと」は言わないからです。

「質問」には背景があります。

例えば「閉店時間」

「初めての彼女との食事。
 彼女の仕事が終わるのが8時だから・・
 あの店、何時までやっているのかな?」

「質問の背景?そんなの訊けないよ」

そうですよね。

いい方法をお教えします。

それは

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お客様が「何をするべきか」を伝える
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お客様の「質問」の背景には
「自分はどうしればいいのか?」

行動の選択を探している場合が多いのです。

「ただいま在庫を切らしております。
 あと1週間もすると、お探しの品だけでなく
 各メーカーの商品も入荷しますので
 比べてお選びいただけます」

みたいな。

「言外の言」に答えるのです。

いかがですか?

「お問い合わせ」は新規客獲得のチャンスです。

お客様のベスト・ウェイを伝えてください。

成約率は格段に良くなるはずです。

お試しください。

それではまた!

PS

「お問い合わせ対応スクリプト」
「テレアポ・スクリプト」

お客様との接点のシナリオを作りましょう。

これ「コピーライティングのスキル」

あらゆる場面で売上を作るシナリオを
しっかりと準備してくださいね。

関連記事
集客の悩み相談受付中