小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-03-18

集客チラシ「商品説明」の作り方


気持ちは分かるけどさー・・・

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

僕の目の前に一枚のチラシがあります。
先程から感心して読んでいます。

逆の意味で。

「よくまーこれだけ”自己中”のチラシを・・」

ある住宅メーカーのチラシ
新商品現場見学会の案内チラシ。

曰く
「先進の技術を凝縮」

曰く
「驚きの○○工法!」

曰く・・・

僕は、こう思ったのです。

「だからどうした?」

====================
『集客チラシ「商品説明」の作り方』
====================

この住宅メーカーのチラシ
決定的に欠けているものがある。

それは

「お客様」

僕がお客様に代わりコメントさせていただきます。

「なんか凄そうなのは分かったけど、
 結局、それって、
 私に何のメリットがあるの?」

研究に研究を重ねた新商品。
自慢したくなる気持ちは分かります。

でもお客様は
「先進の技術」にも「驚きの工法」にも、
興味は持たない。

興味を持つののは自分のメリット。

このチラシは商品説明の大切なルールを忘れているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー-
◆集客チラシの商品説明は
 商品の特徴をお客様のメリットに置き換えて伝える
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「外出が楽しくなる超軽量素材」
「貯蓄の余裕が生まれる新型保険」
「勉強が楽しくなる3大特典」

お客様が欲しいのは「○○○できること」
商品はそのための手段なのです。

商品説明のタイトルを
「○○○できる+商品の特徴」
このテンプレートを使い作成してみてください。

お客様は「○○○できる」に財布を開ける。

お客様が知りたいことを伝えられます。

いかがですか?

あなたのチラシ
「自己中チラシ」になっていませんか?

一度確認してみてくださいね。

それではまた!

PS
「自己中チラシ」の疑いがあれば、
僕に相談してみてください。
一緒にお客様が喜ぶチラシにしていきましょう。
チラシ無料診断のお申し込みは
info@bridge-work,net

関連記事
集客の悩み相談受付中