小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-05-25

集客広告の2つの顔 


リアルとバーチャル、マスとニッチ、プッシュとプル・・・・・

今回のテーマは
集客広告の2つの顔、広告の種類についてです。

広告は様々な尺度で分類されます。
今回は目的による分類と
その使い方についてです。

広告はその目的によって大きく2つに分類されます。
■お客様の心理の変化を目的とした広告
■お客様の行動の変化を目的とした広告

前者の心理の変化を目的とした広告は
「ブランド広告」とか「イメージ広告」とか呼ばれます。

[この商品を高品質な製品として覚えてもらいたい」
「環境に配慮している企業だと思ってもらいたい」

企業・商品を○○と認識して欲しい。

お客様の心理を変化させる事を目的としています。

行動を目的とした広告は
「レスポンス広告」と呼ばれます。

商品の購入・店舗への来店・資料やサンプルの請求
問い合わせ・キャンペーンの応募など

具体的にお客様の行動を求める広告です。

心理の変化か行動の変化か。

どちらが優れているか、優劣はありません。

心理か、行動か
これはマーケティングで
抱えている課題によって設定されます。

でも、
ひとつ条件があります。

ビジネスの規模が、まだ成長過程にある
スモールビジネスや
多額な広告費湯を投下できない場合。

この場合は
迷わずレスポンス型の広告、
行動を変化させる広告を選ぶべき。

僕はそう思っています。

心理面を変化させる広告、
何のために心理を変化させるのか?

それは最終的には行動です。
「環境に配慮した企業と好印象をもぅてもらい
ブランド選択の際により選ばれるようにする」
心理だろうが行動だろうが
広告の最終の目的は
購入という行動の変化です。

心理を変化させる広告は
①その後行動を変化させるマーケティングが必要になる。
②心理を変化させるにには何回も接触する必要がある。

一定のボリュームの広告・マーケティング費用が
必要になるのです。規模を必要とするのです。

規模が小さなビジネスでは
広告投資に対して確実に反応を取ることが重要。

反応を数値で把握できる
レスポンス型
行動を変化させtる広告を選択すべきです。

とかく広告代理店は
心理を変化させる広告を勧めがちです。
なぜなら
①心理の変化は数値で把握しずらい=いいわけしやすい
②テレビ広告や新聞の大型紙面などブランド広告は”おいしい”

でも
結局は行動です。
成長過程にあるビジネスの場合
迷わず
レスポンス
お客様の行動の変化を求める
直接的な広告を選択してください。

反応を積み重ねることが
次のステップのために必要なのです。

心理か?行動か?
今、あなたが変化させたいのは
どちらですか?

それではまた!

関連記事
集客の悩み相談受付中