小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-05-30

「お試し来店」からリピート客にするために


ポイントは「その日」

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

たった5%でした。

食道楽の妻は、外食した店を手帳に記録しています。

情報誌、口コミサイトなどで、
「おいしい」を見つけるとチエックして、いざ出陣。

昨日、この外食記録を分析してみると、
面白いことが分かりました。

以下、その結果です。

「おいしい」確率ー約50%

「ざーけるな!この評判、ヤラセだろ!」確率ー約20%

「あれ?こんな店、行ったっけ?」確率ー約30%

なるほど、結構「おいしい」が多いですね。
ところが、

「2回以上、利用下お店」
なんと、たったの5%。

理由を尋ねると
「いざ食事の時に、頭に浮かんでこないんだよね」

つまり、「忘れている。

お店側からすると
せっかく「おいしい」を獲得したのに、
これ、もったいない話ですね。

あなたの、お店は大丈夫ですか?

=======================
『「お試し来店」を「お客様」にするために」
=======================

初めての来店は「お試し」です。
そこで、「おいしい」「良かった」「いい店ね」
でも再来店してくれない。

それは、お客様が忘れているからです。

チラシを配布し、苦労して集めた「お試し来店」
もちろん、「まずい」「最低!」では、
次は利用してくれない。

でも、やるべきことをやらないと、
「おいしい」「よかった」でも、次はないのです。

「お試し来店」のお客様にやるべきこと。
それは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「お試し来店」のお客様には、その日のうちに、
「サンキューレター」をだす。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポイントは「その日」

初めてのお店から、次の日にハガキが届く。
ちょっとした「ワォ!」驚き。印象に残る。

内容は簡単です。

1 初来店の感謝を伝える
2 次回来店時の特典を伝える
3 自筆でコメントを添える

高い広告費をかけて集めた「お試し来店」
せっかく、「おいしい」「よかった」を逃していたら、
「ザル水」です。

「サンキューレターをその日に出す」

お試しください。

それではまた!

PS

と、言っても、やらない人が多いのです。

確かに面倒。
だから、やった者勝ち。

ぜひ、実行してくださいね。

◆◆◆◆◆◆◆◆5月31日まで特別価格◆◆◆◆◆◆◆
集客したい!ひとりビジネスのあなたへ
『90日間知識ゼロからのコピーライティング入門講座』

関連記事
集客の悩み相談受付中