小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-11-15

「現代広告の父」の貴重な言葉が意味するものは・・・


さすが「父」です。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

デビッド・オグルビーをご存知ですか?

訪問販売やコックの仕事を経て、
まったく知識ゼロから広告代理店を設立。

そのユニークな広告作法で、あっと言う間に
世界トップの広告会社にした偉人。

「現代広告の父」と呼ばれています。

「ある広告人の告白」「売る広告」など、
今、なお読み継がれている本の著者でもあります。

スタイリッシュなイメージ広告を嫌い、
あくまでも「売る」ことにこだわった。

「時速60マイル。新型ロールスロイスの
 車内で聞こえて来るのは時計の音だけ」

新車発表の広告に車の写真を一切使わずに、
文章だけの広告で大ヒットを飛ばした男。

そんなデビッド・オグルビーが、
ある時、自分の会社の社員を怒鳴りつけました。

「君たちは広告をまるで分かっていない!
 分かっているのは通販業者だけだ!」

この言葉の
意味するところが分かりますか?

==========================
『「現代広告の父」の貴重な言葉が意味するものは・・』
==========================
動画をご覧下さい。

「ヘッドライン(キャッチコピー)で
 商品を売り込まなければ
 広告費の80%を無駄にしたことになる」

デビッド・オグルビーは広告文章にとにかくこだわりました。
そして、雰囲気だけを伝えるイメージ広告を毛嫌いしていました。

ではなぜ「通販業者」だったのでしょう?
その理由は

1 「売り」に徹底した広告だから

2 結果を数で受け取れる計測可能な広告だから

3 何度もテストを重ねられる科学的な広告だから

4 言い訳無用。結果が全ての広告だから

徹底的に「売り」なのですね。

彼の遺した広告の作り方は、
現在も生き残っています。

と、言うよりも
現在のマーケティングの主流となっているものです。

広告の結果を計測可能な「数値」で受け取る。
「数値」は正直です。言い訳は通用しません。

そして「数値」をみてテストができる。

「君たちは何も分かっていない!
 分かっているのは通販業者だけだ!」

深いですすね。

広告の結果は必ず「数値」で受け取る。
僕たちも肝に銘じていきましょうね。

それではまた!

関連記事
集客の悩み相談受付中