2013-09-09

このセリフが出たらあなたの負け。コピーライティングの場合


「なんだ、てめーこの野郎!」

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

そこそこ年齢を重ねているので、
数々の喧嘩・口論を目にしています。

友人同士、同僚同士、先輩と後輩、上司と部下、家族同士・・

時には恐ろしいほど高役職者同士の
恐ろしいほど低レベルな喧嘩も目撃しています。
(笑いながら)

喧嘩や口論の際の登場頻度NO1のセリフがこれ

「なんだ!その言い方は!」

これ聞いたことありますよね?

実はこのセリフを発した段階で、その人の負け。

「だって、○○○じゃないですか!!!」

(うぐ、たしかにそうかも。でも頭にきてるから)
「なんだ!てめえーその言い方は!!!」

完全に論点がずれてますよね。

争点の内容では負けたために、腹いせのセリフなのです。

議論で大切なのは本来は内容ですよね。

ま、言わせちゃった方もコミュ二ケーションとしては
大失敗なんですけどね。

本来は争点の善し悪し、内容です。

これ、コピーライティングの肝だったりするのです。

==============================
『このセリフが出たらあなたの負け。コピーライティングの場合』
==============================
動画をご覧下さい。

「コピーラティング」というと、多くの人が
広告文章を「巧く」書くスキルだと思っています。

「どのように書くか?」をとても気にする。

もちろん、これはとても重要。
言い方ひとつで「なんだ!その言い方は!」
文章でも同じ。「なんだ?この文章?」

でもね、口論や喧嘩と同じ。

議論で大切なのは「内容」
コピーライティングでも大切なのは「内容」なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「何を書くか」は「どう書くか」よりもはるかに重要
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「何を書くか」
内容がスカスカだと、どんなに巧く書いても成果は出ません。

と言うか逆効果。「何だ、うまいこと言いやがって」

お客様は敏感です。
スカスカの内容を見逃してはくれません。

だから「何を書くのか?」

ここにガッチリ時間を使って欲しいのです。

「どのように書くのか?」はその次のステップです。

この順番、これ肝ですよ。

忘れないでくださいね。

それではまた!

◆「売上」に一番近いスキル、あなたも手に入れてみませんか?

『90日間知識ゼロからのコピーライティング入門講座』

詳しくはコチラから!

関連記事
集客の悩み相談受付中