小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-06-06

マーケティングの3C ライバルのココをチェック!


「あいつらさえいなければ・・・・」

今回のテーマは、
マーケティングの3Cの
Competitor ライバルについてです。。

「お客様が求めている物を提供する」
これはビジネスの基本。

マーケティングの基本です。
お客様はビィネスにおける、
もっとも重要な登場人物です。

そして、もう一人忘れてはいけない存在
それが、競合社、ライバルの存在です。

目の上のたんこぶ。。
そんな存在、あたにも、いませんか?

この競合社、ライバルを知ることは、
集客の仕組みを作る上で重要なこと。

商戦。
ビジネスは商売の戦争だからです。

ではライバルの何を把握すればいいのか?

それは、
利益を促進しているものは何か?
“儲けの要因”です。

マーケティング用語で
「プロフィット・ドライバー」と呼ばれるものです。

“儲けの要因”とは、
例えば

◆シェアーNO1.大量に売るので、安く仕入れられる。
 =だから、儲かる。(トヨタとか)

◆シェアーは低いが、○○の分野だけはダントツに強い。
 =だから、儲かる。

◆とにかくブランド力があり熱狂的なファンがいる。
 =だから儲かる。(エルメス、ロレックスとか)

◆圧倒的に革新的。新しいマーケットを作る力。
 =だから儲かる。(これまでのアップルとか)

などです。

ライバルはなんで儲かっているの?
このことを知ることが戦略のスタート。

=======================
◆ライバルの儲けの仕組み、
プロフィット・ドライバーを把握する。
=====================

「なるほど!ここで儲けているのか!!
 でも、ここなら勝てるぞ!!」
とか

「それなら、うちは、ここで勝負だ!」
とか

でも、ここで要注意。

ライバルとの喧嘩にうつつをぬかしていてはいけない。
常に気にすべきことは、お客様。
,ビジネスの主人公、お客様の存在です。

お客様が求めていないことでライバルに勝っても
なんの意味もないからです。

ビジネスの主人公はお客様。
あなたでも、ライバルでもないのです。

これは忘れないでくださいね。

マーケティングの3C
今回はCompetitor
ライバルについてでした。
あなたのライバルの
”儲けの要因”は何ですか?

さっそく調べてくださいね。

それでは!

関連記事
集客の悩み相談受付中