小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-04-23

効果抜群!チラシ作成前の「おまじない」


ちちんぷいぷい

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

「プリショット・ルーティン」をご存知ですか?

ゴルフで実際にショットする前に行う一連の動作。
体と心の準備のために行うものです。

打つ体勢に入る。
でも、「しっくり」こないと、
再びプリショット・ルーティンからやり直す。

いいショットをするために、欠かせない準備。
ゴルフだけではありません。
イチロー選手のプリショット・ルーティンは有名ですね。

いい仕事をするために欠かせないこと。

集客チラシにもあるのですよ。
プリショット・ルーティン。

これを忘れて作成すると・・・・

====================
『集客チラシ作成前に必ず準備すべきこと』
====================

いきなりチラシの原稿を書く。
これは自殺行為です。

冷たいプールに準備運動なしで飛び込むようなもの。

まずは確認すべきことがある。

それは、”売り”
マーケティングではUSPと呼ばれる「自分だけの強み」

このUSPを把握していないと
チラシで何を訴求すればいいのか分からない。

分からないのに作り始める。
”売り”が表現されないチラシになる。

結果は明らか。売れない。

「だけと、USPと言われても・・・・」

そうですよね。
世の中、超成熟社会。差別化は難しい。

どうすればいいのか?

はい!この「おまじない」を唱えてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆USPを確認する「おまじない」

「これは○○○のための商品です。
(ライバル商品)さんは×××ですね。
 でも、この商品は□□□です」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「私たちは、子供の健康を何よりも大切にしている、
 お母さんのための食品スーパーです。
 高伸スーパーさんは、安くて品揃えも豊富ですね。
 でも、うちの野菜は全て無農薬。産地直送です」

○○○にターゲットにしているお客様を、
×××にライバル会社が日頃、自慢していることを、

そして□□□。
これがあなたの”売り”OSPです。

いかがですか?
難しくないでしょ?

”売り”USPとは、

「お客様が望んでいることで、
 あなたは提供できて、
 競合社が提供できない、または苦手なこと」

集客チラシのプリショット・ルーティンは、
”売り”USPを確認することです。

チラシ作成に挑む前に、この「おまじない」
何度も唱えてくださいね。

それではまた!

◆僕を集客のパートナーにしてみませんか?
『集客7プログラム・メンバー募集中!』
《詳しくはこちらから》

関連記事
集客の悩み相談受付中