小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2014-02-01

売りたかったら「○○を出せ!」という話


こりや、アカン・・・

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

士業の開業サポートをしているSさんから、
相談のメールが届きました。

Sさんは、サイト制作のプロ中のプロ。
検索エンジンに強いサイトを、いとも簡単に作ります。

そして、パソコンもメチャ強い。
僕も再三、窮地を救ってもらっています。

そんなSさんからの相談は、

「高橋さん、このサイト、どう思います?」

それはネットショップのサイト。
Sさんに、リニューアルの依頼があったのです。

さっそく見てみると・・・・

アカン!

誰に、何を売りたいのか、さっぱり伝わってこない。
突っ込みどころ満載のサイトなのです。

そして致命的な過ち。

それは・・

========================
『売りたかったら「○○を出せ!」という話』
========================
動画をご覧下さい。

「アカン」のトドメは、

「誰が売っているのかわからない」

特定商取引の記載だの、プライバシーポリシーだの、
一応、ネットで売る条件は満たしています。

でも、店主の挨拶がない。
売り手が、誰だかわからない。

これ、アウトです。

僕たちは、お客様の3つの「信じない」と、
戦わなければいけない。

売っているモノが信じられない。
自分に本当に使えるモノか信じられない。

そして、・・・

売っている人が信じられない。

特にネットショップでは、
「売っている人が信じられない」は致命傷なのです。

商品を手にして確かめることができない。
お金も商品が届く前に払わなければならない。

そして、売っている人が見えない。

これ、買いますか?

スモールビジネス、ネット販売の鉄則がこれです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
満面の笑みの顔写真を掲載して、
堂々と自己紹介すべし!!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

顔も見せずに、
物陰に隠れてていて、売れるわけがないのです。

人は人の顔をもると安心します。
堂々と「顔」を出してください。

最初は恥ずかしいかもしれません。

でも、僕たちは、
ビジネスという舞台に上がった俳優です。

役者さんが「顔を見せるのが恥ずかしい」
これ、商売にならないでしょ?

お客様は「あなた」にお金を払うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
満面の笑みの顔写真を掲載して、
堂々と自己紹介すべし!!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これ、忘れないでくださいね。

それではまた!

PS

「顔」は笑顔にしてくださいね。

ミラーリング効果と言って、
人は笑顔をみると笑いたくなる。
人は泣き顔を見ていると泣きたくなる。

お客様が財布を開くのは笑顔の時ですからね。

関連記事
集客の悩み相談受付中