小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-05-06

広告に苦情!やる気ダダ下がりの場合


負けるな!

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

メルマガ読者のTさんからのメール。

「あ、これは、シェアーしなくては」

Tさんから頂いたのは・・・

「個人事業主として、ペット関連の仕事をしています。
 先日、集客のためポスティングを実施したところ、
 ある方から電話が。

 ”うちは、広告なんでいらない!2度と入れるな!
  着払いで送り返してやる!”

 ポスティングが怖くなってしまいました。
 集客のために広告は欠かせないし・・・
 どう対処すればいいですか?」

僕はすぐに返信しました。

「マーケティングに罪悪感を持ってはいけない」

====================
『マーケティングとセールスと罪悪感の話』
====================

もちろん苦情です。真摯に対応することは必要。

でも、そのことで、
気持ちを下げたり、マーケティングを躊躇したりする。
これは間違っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マーケティングに罪悪感を持ってはいけない。
セールスに罪悪感を持ってはいけない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

誤解しないでくださいね。
お客様の苦情を無視しろ、と言っているわけではありません。

広告を毛嫌いしている人も、たくさんいます。
そして、情報を発信しているとネガティブな反応もでてくる。

でも、
マーケティングに罪悪感を持ってはいけない。
マーケティングを躊躇してはいけない。

堂々と広告する。堂々と売り込む。

Tさん

ペットを飼っている人が大勢います。
Tさんのサービスを必要としている人がたくさんいます。

Tさんは、その人たちを幸せにできる。笑顔にできる。

だから、堂々とマーケティングしてください。

それではまた!

関連記事
集客の悩み相談受付中