小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-04-13

広告の費用対効果を上げたくないですか?の一冊


やっぱりお金は大切です。

こんにちは。
ブリぅ次ワークの高橋です。

いきなりですが質問です。

「見込み客1名獲得するのに、いくらかけていますか?」
「新規客1名獲得するのに、いくらかけていますか?}

すぐに答えられた方は「お金」を大事にしている人です。

「え?え、えっと~」

こんな方は・・・・・

広告は投資です。
投資だから求めるのはリターン。
利益を加えて回収しなければいけない。

だから
費用対効果が高い広告を目指す。

「費用対効果が高い広告」のために必要なこと。

それは

「費用対効果が見える広告を実施すること」

冒頭の質問に答えられなかった、あなた!

この本を読んでみてください。

=====================
『費用対効果が見える広告/後藤一喜 著』
=====================

「費用対効果が見える広告」をレスポンス広告と言います。

レスポンス広告とは、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お客様の反応を直接、数値として受け取る広告
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

例えば今日、来店された新しいお客様。

今日配布したチラシを見て来店したのか?
誰かに薦められて来店したのか?
たまたま通りかかり来店したのか?

これ、わかりますか?

費用対効果を高めるためには。
費用対効果を把握できる広告を実施しなければならない。

だから「レスポンス広告」

ちなみに、費用対効果が見えづらい広告が、
「ブランド広告」とか「イメージ広告」とか呼ばれる、
お客様心理の変化を求める広告。

「ブランド広告」は、いつか買う時のため。
「レスポンス広告」は、今。行動してもらうたのの広告。

この本では「レスポンス広告」の作成方法を、
詳しく紹介しています。

特に事例が素晴らしい。テンプレートとしても使えます。

費用対効果が把握できる「レスポンス広告」

ぜひマスターしてくださいね。

それではまた!

◆ブリッジワークのオンライン・コンサルティング
『集客7プログラム・メンバー募集中』
《詳しくはこちらから》

関連記事
集客の悩み相談受付中