2013-05-10

美容室、エステ・・サロン型店舗のチラシ


背中を押しましょう。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

かれこれ15年になります。

先日、馴染みの床屋に行った時のこと。
ふと、思い立ち店長に訊いてみました。

「僕、この店に来て何年くらい?」

「えっと~、今月でちょうど15年ですね」

そうか!
と、言うことは、
一年に10回として、年に4万円。
15年で・・・60万。

いいお客様ですね。

きっかけは一枚のチラシでした。
新店オープンの告知。

一つのきっかけで60万円。

美容室、エステ、整体院・・・
サロン型店舗の集客のコツは

「きっかけ」です。

=====================
『美容室、エステ・・サロン型店舗の集客の場合』
=====================

サロン型店舗の”旨み”は、
継続利用からの利益。

だから、集客チラシの目的を
「来店」に絞る。

狙い目は、競合店の顧客。

「なかなか思い通りのスタイルにならない・・」
「もっと、いいサロンないかな?」

このターゲットのニーズは、
「新しい店を試したい」

だから、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目的を「来店」に絞り、
初回限定の、思い切ったオファーを提示する
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自動車で言えば「試乗」
洋服であれば「試着」

「お試し」には思い切った条件を提示する。

「初回限定!毎日5名様限り
 当店人気NO1○○○コースを¥○○○!」
ポイントは「¥○○○!」
「あ!これだったら試してみようかな」

中途半端な条件では効果は出ない。
思い切ったオファーにしてください。

ここで儲けようと思わないことです。
「きっかけ」を提供することです。

悩んでいる、そして迷っている
お客様の背中を押してください。

試して満足してもらう。
そして、長く、何回も利用してもらう。

サロン型店舗集客の定石です。

もちろん、
「来店」の次の手は考えておいてくださいね。

それでは!

◆僕を集客のパートナーにしてみませんか?
『集客7プログラム・メンバー募集中!』
《詳しくはこちらから》

関連記事
集客の悩み相談受付中