小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-02-19

集客して広告費を無駄にするパターン


せっかくの見込み客も、これではドブ金せす。

今日のテーマは見込み客の集客について。

広告代理店で営業をしていたときのことです。

クライアントさんへのプレゼンテーション。
これはワクワクする仕事です。

よろこんでくれるかな?驚いてくれるだろうか?

そんな楽しいプレゼンテーションですが、
時々、憂鬱な時がありました。

それは
自分たちが苦手な分野の提案をするとき。
こんな質問されたどうしよう?
説明はおっかなびっくり、質問にビクビクビックル。

これでは成果が出るわけがありません。
”新鮮な見込み客を出来るだけ大量に集客する”

ビジネスの発展には、絶対に必要な作業です。
今のお客様は永遠ではないからです。
。新しいお客様はビジネスに不可欠な要素なのです。
ビジネスの成功に欠かせない見込み客の集客。
しかし、誰でもいいから、
集めればいいというわけではありません。

重要なこと、それは、

苦手なお客様を集めてはいけない。

苦手な見込み客をフォローしても、
購入してくれる確率は低い。
営業部門の士気は上がらない。

時間とお金と人
ビジネスに重要な要素、そのすべてが
無駄になるからです。

そして集めた見込み客。
ここでも忘れてはいけない点があります。

それは

”そのうち客”を大切にする。

見込み客には2種類のお客さ様がいます。
それは
今すぐ買ってくる可能性が高い”いますぐ客”
そして、「いつかは」と思っている”そのうち客”

”いますぐ客”を追いまわし、
”そのうち客”はないがしろ。

これはお金をドブに捨てているようなものです。

”そのうち客”は将来の購入客です。

”そのうち”が”いますぐ”に変わった時、
ライバルにあっさり敗退。

せっかく高い費用で集めた苦労が水の泡。
これ、もったいなさすぎます。

”そのうち客”もあなたに興味を持って、
来店してくれたり、資料請求してくれたのです。

”そのうち”が”いますぐ”に変わった瞬間、
あなたが一番近くにいる必要があるのです。

”そのうち客”と定期的に接触して
忘れられない状態
信頼されている状態
親近感を持ってもらっている状態
この状態を保つ事が重要です。

新しい見込み客を集めるコストに比べ
”そのうち客”をフォローするほうが
はるかに低いコストで購入に、たどり着けます。

苦手なお客様は集めない
”そのうち客”のフォローを怠らない。

これが、
お金を無駄にしない見込み客集客のポイントです。
お金は無駄にしないようにしましょうね。

それではまた次回!

関連記事
集客の悩み相談受付中