小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-08-08

集客のコツ ”見栄っ張り”は集客のツボ


スマホ難民が増えているとか・・・・・・・・

今回のテーマは”動機”

相変わらずスマートフォンの人気はすごいですね。
普及率も20%を超えたとか。

でも、
「買ったけど、使い方がわからない」
「使っているのはメールぐらい」

従来の携帯以上の機能を使っていない、使えない、
スマホ難民と呼ばれる人が、とても多いそうです。

じゃ、なんで買ったの?

「みんな持ってるし、遅れていると思われたくない」

4年前、初めてiPhoneが発売された時。

その時は、
横文字職業の方々、
「アーリー・アダプター」と呼ばれる方々が、
これ見よがしに、持ち歩いていました。

打ち合わせの時には必要もないのに、机の上へ。

「先進的で、イケてるやつと思われたい」

”人から○○○と思われたい”
”人から○○○と思われたくない”

これは、
集客の作業では、絶対に見逃せない、
マジック・ポイントです。

======================
”人から○○○と思われたい。思われたくない”
======================

人間は社会的な動物。

人と繋がっていたい。
人から頼りにされたい。
ある集団に属していたい。

「他人」の存在で、自分の行動を決める。

商品の購入動機も、
便利だ、得だ、安い、
自分の酔欲求だけではありません。

”他人からどう思われるか?”

「見栄を張る」
これは悲しいかな人間の特性なのです。

この社会的な欲求を利用した、
キャッチコピーの例をひとつご紹介します。

”すべての受験生が知っておくべきこと”

受験生は読みたくなるでしょう?

さて、ここでツボ

=======================
社会的欲求は隠れている場合が多い。
だから、反応する強い訴求ポイントになる。
=======================

「子供にやさしい、いい母親だと思われたい」
「頼りになる上司だと思われたい」

隠れている。そして強い願望。

この欲求を訴求ポイントとして集客する。

「私の商品を利用することで、 
 あなたは、人から□□□と思われますよ」

あなたのお客様の社会的欲求は何ですか?

そこ、儲けのツボ。

ツンツン・・・ツボは押してくださいね。

それではまた!

■今日の【集客7通信】いかがでしたか?
ご意見・ご感想・ご要望
どんどん、お寄せくださいね。
お待ちしています。

関連記事
集客の悩み相談受付中