小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2014-01-15

集客チラシ「入口」と「「出口」の鉄則


ディズニーランドへ行きたい・・・

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

今年、密かに企てている計画があります。

「ディズニーランド」へ行く」

いい年をして恥ずかしいのですが、大好きなのです。

東京ディズニーランドも開演して、はや30年。

文字通りの「夢の国」
来園者を虜にするアトラクションとホスピタリティ。
唯一無比のテーマパークです。

そんなディズニーランドの
隠された革命をご存知ですか?

それは「入口」と「出口」

それまでの遊園地やテーマパークは、
より多くの人を招きたいと「入口」「出口」を
複数設置するのが常識だったそうです。

それをデイズニーランドはひとつにした。
同じどころから入園し、同じところから出ていく。

入園者の動線を明らかになることによる、
ビジネス上のメリットがあります。

そして、帰る時にまた夢の国の「入口」に戻ることで、
「また来たい」リピート促進になっているのですね。

「入口」と「出口」

これ、広告においても、とても重要な要素です。

=====================
『集客チラシ「入口」と「「出口」の鉄則』
=====================
j動画をご覧下さい。

集客チラシ、Webサイト、セールスレター・・・

「入口」と「出口」の作り方で、
成果の約9割が決まります。

広告の「入口」はキャッチコピーです。

広告は読んでくれなければ、ただのゴミ。

「読むかゴミ箱か」
このテストの結果を決めるのがキャッチコピー。

このキャッチコピーには3つの「鉄則」があります。

それは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆キャッチコピー3つの「鉄則」
1 「誰」に読んで欲しい相手か明確になっていること
2 「ベネフィット」お客様のメリットが表現されていること
3 「興味」読みたいと思わせること
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
この3つの「鉄則」を守らないと、
チラシはゴミ箱、サイトは「閉じる」ボタンです。

さて、次は「出口」

広告の目的は、お客様の行動です。

購入、来店、資料請求、サンプル請求、問い合わせ、予約・・

行動は「出口」オファーで決まります。

オファーとは、

「取引の条件を提示して行動を促すこと」

さて、このオファーの「鉄則」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆オファーの「鉄則」
1 「指示」何をして欲しいのか明確に指示する。
2 「手段」行動するための手段をわかりやすく記述する。
3 「デッドエンド」必ず締切を設ける。期日・人数・個数など
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「入口」と「出口」

この「鉄則」でチェックしてみてください。

「あ、これ書いてねー」

そこが、その広告のボトルネック、欠点です。
修正してください。

さて、長々と書きましたが
実は、ここまでは前置きなのです。

今日、あなたに一番伝えたいことがあるのです。

それは

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「入口」と「出口」は必ずひとつに絞る。必ず。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな人にも、あんな人にも伝えたい。
こんなことも、あんなこともして欲しい。

これはアウトです。

欲張りは広告の死を意味します。

ターゲットをひとつに絞る。
求める行動をひとつに絞る。

これ「鉄則中の鉄則」です。

さあ、今すぐにあなたの広告をチェックしてみてください。

「鉄則」必ず守ってくださいね。

それではまた!

PS

広告の無料診断実施します。

「全然反応がないんだよな」
「今、制作している広告、これでいいのかな?」

そんな広告を僕に送ってください。
改善点をアドバイスします。

広告無料診断のお申し込みはこちらから

関連記事
集客の悩み相談受付中