小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-04-22

「いい商品」を「売れる商品」にする方法


幻の名機でした。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

物置から懐かしい物がでてきました。
ソニー製のビデオデッキ。
30年前に購入したものです。

「悲劇の名機」

なぜ「悲劇」なのか?
それは、高い品質を誇りながら、
泣く泣く市場から撤退せざる得なかったからです。

ソニー製は「ベータ方式」
ライバルの松下電器(現パナソニック)は「VHS方式」

画質や操作性は明らかに
ソニー製「ベータ方式」のほうが優れていました。

その証拠に、当時のテレビ局が採用したのは、
「ベータ方式」。CMの撮影も「ベータ方式」
映像のプロはソニーを選んだのです。

でも・・・・・

数年後、ソニー製のビデオデッキは市場から、
姿を消しました。

理由は、商品に自信があったため、
大切なことを怠ったのです。

ソニーが怠ったこと、それは、

「マーケティング」

==================
『いい商品を、売れる商品にする方法』
==================

品質で負ける{VHS方式」の松下がやったこと。
それは「仲間を増やす」

松下は三菱、東芝、日立などへ技術を公開。
「VHS陣営」を形成したのです。

こうなると多勢に無勢。
なすすべなく「ベータ方式」は市場から消えていきました。

「商品がよければ売れる」
これは間違いです。

もちろん、商売です。
商品が良くなければ、継続的な発展はありません。

でも、商品がいいと分かるのは、
商品を利用したことのある人だけ。

最初に「売る」には、
売るための仕組み、マーケティングが必要なのです。

商品には自信がある。けれど売れない。
すると多くの人は、より商品を良くしようとする。

違います。
「いい商品なのに売れない」
やるべきとは、マーケティングです。

「マーケティング」という武器を手に入れる。
すると「いい商品」が「売れる商品」になる。

これ、忘れないでくださいね。

それではまた!

◆僕を集客のパートナーにしてみませんか?
『集客7プログラム・メンバー募集中!』
《詳しくはこちらから》

関連記事
集客の悩み相談受付中