小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-11-29

マーケティング ある住宅販売営業マンの秘密兵器


【集客7】カリスマ住宅販売営業マンの秘密兵器

やはり只者ではありませんでした。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

今日のテーマは”開示”

数年前のことです。
投げ込まれでいたある一枚のチラシ。

黄色い紙にスミ文字で大きく
「ご迷惑をおかけします!」

内容はこれから始まる住宅建築のご挨拶。
「これから工事でご近所の皆様にはご不便かけます」

よくあるチラシですよね。
でもこのチラシは特別でした。

「担当者の○○○はこんな男」

その現場を担当している営業マンのプロフィール。
これが似顔絵つきで大きく紹介されている。

“私が住宅営業マンになったわけ”
“私の愛する家族たち”
”好きな食べ物、嫌いな食べ物”
etc・・・・

そして最後に
”○○は猫を愛する優しい男です”

僕は親近感を抱いてしまいました。

「そうか、○○さんも猫好きなんだ」

その後も

「こっそり教える住宅選びのコツ」
「住宅営業マンの7つ道具」
「完成しました!明日ぜひ見にきてください!」

完成まで軽く10枚。
黄色のチラシが投げ込まれてきました。

住宅選びの豆知識と○○さんの近況。
僕はいつの間にか、
○○さんの、そして□□ホームのファンになっていました。

「相談したくなる住宅の専門家だ」

=======================
『カリスマ営業マンの秘密兵器とは?』
=======================
動画をご覧下さい。

この黄色のチラシは○○さんの秘密兵器でした。

「相談したくなる専門家」

なぜ僕はそう認識したのか?

役にたつ情報を定期的に届けてくれた。
そして何よりも、
○○さんの人柄と考えを知ってしまったからです。

「自分を知ってもらう。自己開示する」

自己紹介チラシは有効な方法です。

ポイントはお客様との”共通点”

僕が○○さんを気にしたのは
「猫が好き」共通点を見つけからです。

新入社員が同じ学校の出身だと、
急に近く感じますよね。

同じ考え、同じ価値観。
同じ趣味、同じ出身、同じ境遇。

お客様が”共通点”を見つけてくれます。

すると実際に合う前から近い関係が築ける。

住宅販売は、誰から買うかが大きな選択基準。
完成まで半年近く付き合うことになる。

お客様は自然と「誰か」を見極めているのです。

いかがですか?

自分を知ってもらう。自己開示する。

あなたも、
魅力的な自己紹介チラシを作ってみませんか?

さて○○さん
これは後ほど知ったのですが
住宅販売業界でも話題のやり手営業マンでした。

やはり只者ではありませんでしたね。

今頃もどこかで黄色いチラシを配っているはずです。

猫は元気なのかな?

それではまた!

■チラシ無料診断実施中!■
集客チラシの改善点をわかりやすく
アドバイスいたします。
お申し込みは下記のアドレスからどうぞ。
⇒info@bridge-work.net

関連記事
集客の悩み相談受付中