小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-03-04

住宅販売のチラシ 作成前に必ずやるべきこと


これをやらないと、ガッカリすることになります。

今回のテーマは住宅チラシの準備について

期待を裏切られる。これは悲しいですね。

集客チラシが成功し、たくさんのお客様がきてくれた。
しかし
まったく成果が上がらない。成約にまったくつながらない。

その原因は、
チラシを作成する前に、
「あること」をやっていなかったからです。

「あること」とは?

例えば住宅販売の場合、
お客様との最初の接触から、実際の契約まで
数か月、長い時間を必要とします。

最初の集客はそのスタート地点。ここからが勝負です。
その勝負をきめるのが「あること」

「あること」

それは

■集めたいお客様を決める
住宅の購入を検討している人。
しかし、これでは不十分です。
集めるべきお客様は
あなたに価値を感じてくれ人。
あなたに価値を感じてくれないお客様を、
いくら集めても、成果には結び付きません。
苦手なお客s間をいくら集めても意味がないのです。

■売る手順を決めておく
集客チラシに反応してくれ集まったお客様
このお客様に何をして成約に結び津kれるのか?
購入意向のタイミングを見極めるために、何をするのか
「今すぐ客」に何をしてスムーズに成約に結び付けるのか
「そのうち客」にはどんな方法で関係を保つのか
集まってくれたお客様にどんな手順で売っていくのか

これがチラシを作る前に必ずやるべき
「あること」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■住宅版のチラシ 作成前に必ずやるべきこと

①集めたいお客様を明確にする。
②事前に売る手順を感が準備しておく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

住宅は見込み客を獲得するのに、ほかの業種に比べ
高いコストがかかります。

1万円で一人獲得できたら拍手もの。
せっかく高いコストをかけて集めたお客様。
絶対に無駄にしてはいけません。

チラシを作る前に少し時間をかけて

■集客したいお客様を明確にする。
■集客したあとの売る手順を決めておく。

数か月の勝負。この準備で大きく成約率が変わります。

この準備、忘れないでくださいね。

それではまた次回!

関連記事
集客の悩み相談受付中