2012-05-17

使えるキャッチコピーの作り方講座 最終回


【使えるキャッチコピーの作り方講座】
いよいよ最終回です。

これまで6回にわたり
代表的なキャッチコピーを
テンプレート形式でご紹介してきました。

シリーズ最終回の今回は、
少し理屈の話。

キャッチコピー作成におけるポイントを
ご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■キャッチコピーの本質はベネフィットと興味

「ここにはお客様の得することが書かれていますよ」
このことをターゲットに気がついてもらうことが
キャッチコピーの役割です。

■キャッチコピーの題材はなんでもいい。

ベネフィットと興味
この本質が守られていれば題材はなんでもOKです。
例えば広告を構成する要素
①商品特徴・差別化要因②信じられる根拠
③オファー
など全て題材として使えます。

■上手く書こうとしない。わかりやすく書く。

これはキャッチコピーだけでなく
コミュニケーションをとるための
文章では大原則です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間には防衛本能として
不必要な情報は単なる風景として処理する
能力が備わっているらしいです。

つまり
自分に必要
そう気がついてもらえない限り
広告は単なる風景なのです。

キャッチコピーの役割は
広告を風景から情報へ変換すること。

風景は眺めるだけ。
読みたくなる情報として気がついてもらうこと。

キャッチコピーの役割です。

特別企画
【使えるキャッチコピーの作り方講座】
いかがでしたか?

みなさんに少しでもお役に立てたら
とても嬉しいことです。

効果的なキャッチコピーの作り方を手に入れて
広告の反応をクンクン上げてくださいね。

「私の場合はどうなの?」
こんな場合はお気軽に問い合わせてくださいね。

無料相談フォームから問い合わせてください。
また感想やご意見も是非!

それではまた!

関連記事
集客の悩み相談受付中