小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-11-08

僕たちが絶対に目を背けてはいけないこと


今日は、あえて「嫌な奴」になります。
文体も変えます。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

広告代理店時代、あるのノウハウを手に入れた。

それは、あえて「断られる」こと

口の固いクライアントの担当者。難敵だ。
そこで、あえて「断られる」提案をする。

すると、どうなると思う?

「いや、当社では○○○だから、これはできない」

あれほど、口を割らなかった担当者が喋る、喋る。
こうして得た情報を武器に、
「ここぞ」勝負時のプレゼンに活用した。

僕が学んだこと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人は「できない」「やらない」「やりたくない」
断ること、言い訳には饒舌になる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕たちの一番重要な仕事はマーケティングだ。
起業家にとって最重要の仕事は「売る」こと。

でも、このマーケティング

「やらない」「できない」「やりたくない」

すると、やはり人は饒舌になる。

=======================
『僕たちが絶対に目を背けてはいけないこと』
=======================
動画をご覧下さい。

やり方が分からないから「できない」
これは簡単だ。調べればいい。
僕が知っていることは100%伝える。

すると、当然、「できる」

厄介なのは、
「思考」「行動」「時間」に関わる問題。

大げさに言えば「生き方」の問題。

正直に言えば、ここは相手に指摘したくない。
「地雷」を踏むことになる。かなりの確率で嫌われる。

でも、言わざるえない。

なぜなら、僕の仕事は「成果」をだしてもらうことだからだ。

「思考」「行動」「時間」
ここを間違えると、
いくら「お勉強」しても、いくら優れたスキルを持っていても
成果はでない。ほぼ100%確実に。

曰く

「子供が・・・」「家族が・・・」
「価値観が違います」などなど・・

饒舌だ。

なるほど。正論だとは思う。

OK!

高橋のアドバイスなんか聞かなくてもいい。
誰からも学ぶ必要はないだろう。

た・だ・し
ひとつだけ、絶対に目を背けてはいけないものがある。

それは、

「結果」

その「価値観」やらが生み出した「結果」はどうだった?

今月の売上はいくらだった?
時給に換算したらいくら?

それが、これまでの
「思考」「行動」「時間」の「結果」だ。

「結果」は嘘をつかない。
「結果」に言い訳は通用しない。

ーーーーーーーーーーーーー
「結果」に真摯に向き合う。
ーーーーーーーーーーーー

僕たち、起業家が
絶対に、忘れてはいけない姿勢だ。

最後に、ささやかながら
「価値観」の人たちに反論させてもらう。

僕は「価値観」は押し付けない。
僕が押し付けているのは「原理原則」だ。

「原理原則」から外れた成功は脆い。

「子供が・・・家族が・・」
子供や家族は「特別」な存在だ。

でも、これはあえて口に出すべきものか?
「人を殺してはいけません」と同様、当たり前のこと。

「子供・家族」を言い訳にすrの卑怯だ。

僕たちは「結果」に従順でなけれはいけない。

あなたは、どう思う?

それではまた!

PS

ふぅ~。疲れました。
慣れない書き方をすると、肩が凝りますね。

読み返してみると、まー偉そうに!

「お前、何様だよ」
「高橋さん、どうしちゃったの?」

こんな声が聞こえてきそうですね。

でもね。
「結果」を見る。
これ、やっぱ重要だと思うのです。

最後にダン・ケンディの言葉を
「エゴはビジネスを殺す」

あなたの意見を聞かせてください。
info@bridge-work.net

関連記事
集客の悩み相談受付中