小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2014-04-18

名作に学ぶコピーライティングのスゴ技 Part2


「いつか見てろよ」

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

誰もが持つ、とても人間的な感情です。

「すごいね。さすがだね」

こう言われると「いやいや、そんなことはないですよ」
でも、心の中ではとても満足感を感じている。

ビジネスでも「お金」よりも、
お客様の「ありがとう」のほうが嬉しい時がありますよね。

「自己重要感」

これは誰しもが持っている、とても強い感情です。

だから「自己重要感」が満たされていないと、
強い飢餓感を感じる。満たそうとする。

行動へ駆り立てる強いモチベーター(動機付け)になるのです。

「人から〇〇と思われたい」

このキャッチコピーが、
いまだに効果がえる所以です。

=========================
『名作に学ぶコピーライティングのスゴ技 Part2』
=========================
動画をご覧ください。

「私がピアノの前に座るとみんなが笑った。
 でも、いざ弾き始めるとーーーーーーーー!!」

これはアメリカのコピーライター
ジョン・ケープルズがピアノの自宅学習用教示を
売るために書いたキャッチコピーです。

僕はこれを、ある学習塾のクライアントさんの
集客チラシに使いました。

「”〇〇大学に合格する!”友人たちは笑った。
 そして合格発表の日、その笑いは驚きに変わった」

結果は・・・・
前回のチラシの1.7倍の問い合わせ。

「私がピアノの前に・・」
なぜ、このキャッチコピーが効果があるのか?

●「いまにみてろよ」

人は「他人から〇〇と思われたい」
この感情をなんとか満たそうとします。

「いまに、いつか」心に火がつく。
強い動機付けになるのですね。

●ストーリー

物語は感情を移入しやすい。
そして「売り込み臭さ」を感じない。
自然にお客様に受け入れられるのです。

あなたのお客様は、どんな
「〇〇と思われたい」を持っていますか?

あなたの商品を使うことで、
お客様はどんな「〇〇と思われる」が満たされるでしょうか?

効果実証済みのこの「型」
ぜひ試してみてくださいね。

それではまた!

PS

お客様の感情を動かすメッセージ。
あなたも手にれたくはありませんか?

『90日間知識ゼロからのコピーライティング入門講座』
こちらをご覧ください

関連記事
集客の悩み相談受付中