小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-05-17

広告文のネタを作る方法教えます。


「今日のテーは□□□の○○○についてです」

ニュースレターのネタが思いつかない。

ブログの管理画面は開いてみたものの、
まったくネタが思いつかない。

メルマガに書くことが思いつかない。

こんな経験ありませんか?

お客様との関係を深めるのに必要なニュースレター。
お客様に親近感や信頼を得るためのブログ。
ネットのマーケティングが普及した現在、
ますます文章が重要になってきています。

でも、広告文の
「書くネタが思いつかない」
「続けて書く自信がない」
こんな悩みも多いのも事実です。

でも、これではせっかくの見込み客逃しかねない。
もったいない話です。

今回は広告文の
「ネタ」の見つけ方についてです。

まず、最初にお伝えしたいことは、
誰もスイスイラクラク、簡単にネタが湧き出てくるわけではない。
ということ。

ひねり出している。
問題はひねり出すコツ。

コツは
ネタを分割して考えてみる。

大テーマと小テーマ

2つのテーマに分けて設定することです。

住宅販売の場合であれば

大きなテーマを「インテリアコーディネート」
すると
①インテリアコーディネートとは(定義)
②インテリアコーディネートの今昔(歴史)
③インテリアコーディネートのコツ(ノウハウ)
④インテリアコーディネートの事例(事例)
⑥インテリアコーディネートの始め方(始め方)

「インテリアコーディネート」という大テーマに
定義・歴史・ノウハウ・事例・始め方
など小テーマを設定してネタを作る方法です。

すると大テーマに対していくつもの{ネタ」が見つかります。

「今回は□□□の○○○についてです」

□□□が大テーマ。○○○が小テーマ。

僕はマインドマップ風に
センターに大テーマ
そこに
定義・歴史・ノウハウ・事例・はじめ方・・
と小テーマになりそうな項目を置き
各項目ごとに、思いついたことをメモしておきます。

すると
実際ににブログの記事を書く時間、
ニューズレターを書く時間が
驚くほど短縮されました。

まずはお客様が興味を持ちそうな大テーマを決める。

いくつかの切り口で小テーマを設定する。

一回考えるだけで5から10個のネタができたりします。

昨今のマーケティングは本当に文章の力が必湯になりました。
「ネタが思いつかなくて」
躊躇している方はまずは書き始めてみましょう。

それではまた!

関連記事
集客の悩み相談受付中