小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2012-11-27

あ!この手があったかキャッチコピーの作り方


集客7】あ!この手あったかキャッチコピー

妻の口癖がヒントでした。

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

今日のテーマは”音”

妻の口癖。

「あ!」
これいちいち気になるのです。

「あ!」しばらく間をあけて、
「今日、カレーにしよう!」

そしてもう一つ。

「ガーン」
「ガーン、忘れちゃった」

「あ!」とか「ガーン」とか、
本当に気になる、反応してしまう。

「え、どうした?」
感嘆符や擬音は人の注意を惹く力があるのです。

これ、もしかしたら使えるかも・・

僕はこんなコピーを作りました。

”あ!っと彼が驚いた○○の秘密”

====================
『あ!この手があぅたかキャッチコピー』
====================
動画で公開しています。

文章を感嘆符・擬音で始める。
これは効果的な方法です。

「え、なんだろう?」
人の注意を惹きつける。

”ドスン!大きな音で目が覚めた”
”グングン伸びる子供の成績”
”プルルル!注文の電話が鳴りっぱなし”

なぜ擬音に注意を惹かれるのか?

一説によると、人間も動物、
生命を守るため元々音には敏感にできている。
だから文字でも音を連想すると反応する。

なるほど。

感嘆符・擬音で始まるキャッチコピー
もうひとつの効果があります。

デザイン処理の際に感嘆符・擬音だけ大きくする。

”グングン伸びる子供の成績”
「グングン」を大きくデザインするのです。

さらに目を惹きつけます。

いかがですか?

感嘆符や擬音から始める。
試してみてください。

ドキっとするキャッチコピー作って下さいね。

それではまた!

■チラシ無料診断実施中!■
集客チラシの改善点をわかりやすく
アドバイスいたします。
お申し込みは下記のアドレスからどうぞ。
⇒info@bridge-work.net

関連記事
集客の悩み相談受付中