小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-04-09

大失敗チラシの原因トップ3を発表します!


【集客7】大失敗チラシの原因トップ3を発表します!
「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」
                   by 野村克也

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

ご存知、名称野村克也さんの言葉です。

明らかに戦力の劣るチームを、
「頭を使った野球」で優勝を争うチームへ。

「負け」の原因を解明し、
一歩一歩、確実にチームを育てていく名将。

これ、見習いたいですね。
そこで今日のお題はコレ

==================
『大失敗チラシの原因トップ3発表!』
==================

そうです。
集客チラシも「不思議な負けなし」
大失敗チラシにはちゃんと原因があるのです。

それでは、いってみましょう。

◆第3位 貧弱なオファー

オファーとは取引の条件のことです。

この条件が弱いと、
「ま、いまはいいや。あとで検討しよう」

お客様はオファーで行動を決める。
お手本は「ジャパネットたかだ」
期間を限定し、数量を限定し、価値を積み重ねる。

「あ、今、行動しないと損する」
お客様を突き動かすオファーが必要です。

◆第2位 自己中チラシ

別名ベネフィット欠乏症。

「新機能です」「○○工法です」
お客様「だから?私に何かいいことあるの?」

商品自慢、会社自慢ではお客様の心は動かせない。

お客様が求めているのは「結果」
「○○○することができる」「○○になる」

お客様のベネフィットが書かれていない
「自己中チラシ」は即ゴミ箱行きです。

◆第1位 欲張りチラシ

「あの人も、この人も、あっちの人も」
「みんな」を相手にした欲張りチラシ。

結果は最悪。
誰も振り向かない。気がつかない。読まない。
ゴミ箱確率NO1の悲しいチラシです。

「あ、私のことだ。私に向けて書かれている」

お客様が気がつくように、
ターゲットをギュっと絞リ込むこと。

以上、大失敗チラシの原因トップ3でした。

あなたのチラシ

魅力的なオファーをしていますか?
お客様のベネフィットは書かれていますか?
メッセージを届けたい相手は明確ですか?

確認してみてくださいね。

「負けに不思議な負けなし」

成果のでないチラシには必ず原因がある。
早く原因を発見して、
「強いチラシ」にしてください。

それではまた!

PS

大失敗チラシを一枚送ってください。
その原因を解明します。

『チラシ無料診断実施中!』
お申し込みはこちらまで
info@bridge-work.net

関連記事
集客の悩み相談受付中