小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-10-03

成果を決める「お問い合わせ・資料請求」の作り方


何かいいことあるの?

こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

「まったく反応がありません」

毎日、お寄せいただく「チラシ無料診断」の依頼。

お送りいただいたチラシ。
一番最初に確認するのはオファーと呼ばれる部分です。

「このチラシは、お客様に何をして欲しいのか?」

お客様はこのオファーで行動を決める。

「お!安い!買いに行こう」
「あ、これだったら試しに食べに行こうか」

オファーとは取引の条件のことです。

「今回の条件は○○です。だから来店しませんか?」

広告の全てのコンテンツは、
お客様にオファーに応じてもうためにあるのです。

ところがね・・・・

あまりにも無造作、あまりにも無策なオファーがある。

これです。

「お問い合わせ」「資料請求」

=========================
『成果を決める「お問い合わせ・資料請求」の作り方』
=========================
動画をご覧下さい。

「お問い合わせ」「資料請求」

住宅販売やリフォーム業、保険販売など、
いきなり「これください」がないビジネスで使われます。

一度、連絡をもらい、説明して買ってもらう
「2ステップマーケティング」と呼ばれる売り方です。

でも、これが、あまりにも無策。

そもそも「お問い合わせ・資料請求」には、
「買う気がある人だけ」というニュアンスがある。

お客様は反応するのに躊躇する。

「お問い合わせ」を「無料なんでも相談」に変更しただけで、
チラシの反応が3倍になつたケースもあるのです。

この無味乾燥な「お問い合わせ・資料請求」を
魅力的にする方法があります。

ーーーーーーーーーー
ベネフィットを書く
ーーーーーーーーーー

「問い合わせ」したら、お客様は何を得られるのか?
「資料請求」したら、お客様は何を得られるのか?

これを書く。

「たつた3つの質問で最適な節約保険がわかります!
 自動車保険無料なんでも相談はこちらから!」

「子供といつまでも仲良く暮らせるヒントが満載!
 ○○ハウスのキッズハウス!詳しい資料はこちらから」

あなたのオファー、お客様は何を得られますか?

お客様は「得」に反応しませんよ。

「ベネフィットを書く」

これ、忘れないでくださいね。

それではまた!

PS

あなたのチラシの改善点をアドバイスいたします。

『チラシ無料診断』

お申し込みはこちらから!

関連記事
集客の悩み相談受付中