小さな投資で大きな成果を。個人事業主、スモールビジネスなど 小さなビジネスの集客支援は ブリッジワーク 高橋伸夫の コンサルティングサービス
2013-06-08

「ブランデァイング」って、こういうことだったのか!


こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。

Sunday Book Review

僕は常日頃から、

「ブランド広告やイメージ広告なんて意味ねえ!
 反応が取れる広告やろうぜ!」

このように主張しています。

ちょっと解説すると、
「ブランド広告」とは、お客様の心理の変化を目的とした広告。

かたや、僕が推奨しているのは、
「レスポンス広告」と呼ばれる、
お客様の行動の変化を目的とした広告です。

行動の変化とは、
購入、来店、問い合わせ、資料請求、サンプル請求・・

なぜ、僕が「レスポンス広告」を奨めるのか?

それは、結局、最後は「行動」だからです。

心理の変化を求める「ブランド広告」は、
「○○○と思ってもらう広告」

次には、「行動」の変化を求める仕掛けが必要になる。

「ブランド広告」を機能させるには、
大量の広告投資が必要。ごく限られた大手企業の戦略なのです。

でも、誤解しないでくださいね。

僕は、通称「ブランド広告」と呼ばれる広告が嫌いなだけ。

「ブランド」自体は、とても重要なものです。

そこで、今日は「ブランディング」についての本です。

======================
『USAMIのブランディング論/宇佐美 清』
動画⇒http://youtu.be/xc1CdzLNMcs
=======================

「ブランディング」とは、分かりやすく言うと、

「好きになってもらい、
 より買われやすい、選ばれやすい状態を作ること」

僕たちは商品から2つの「価値」を得ることができます。

「○○○することができる」機能的な価値。

そして、もうひとつ、
「○○○な気持ちになる」

心の変化、情緒的な価値です。

「ブランでイング」は、この、
「○○○な気落ちになる」情緒的な価値のなかにあるのですね。

この、
『USSMIのブランディング論』は、
これ以上ないくらい
シンプルに「ブランディング」を教えてくだれます。

「好きになぅてもらう」

これ、全てのビジネスに重要。
特に、小規模ビジネスには必須の要素。

ぜひ、この本を手にとってみてくださいね。

それでは、また!

関連記事
集客の悩み相談受付中